.table-of-contents:before{ content: “目次”; font-size: 120%; font-weight: bold; }

大学生が歴史と歴史学を考える

とある大学生です。未熟者ものですが自分なりに歴史についての疑問や考え方を発信していきたいと考え始めました。アドバイスなどは歓迎します。「ここは違う」や「このような考え方はどうか?」などよろしくお願いします。コメント通して成長していきたいと思います。大学生の考え方なども分かると思うので興味のある方は是非ご参照ください

トマトの歴史 〜日常歴史〜 再考

はい!!!



今回は




トマトの歴史


について




話していきたいと思います



でいってみましょう!!!



目次

トマトの歴史

考察


1.トマトの歴史




トマトの起源と呼ばれるのは



南米のアンデス山脈


によく野生種が



存在していることが言われています


ですが



トマトを初めて栽培したとされているのは



メキシコ人


と言われています




実際は



トマトはほとんど食べられていませんでした



初めて食用として


見られるようになったのは



トマト料理が多く存在する



イタリアだと言われています



この時に初めて



赤いトマトが栽培されました



17世紀になると

他の欧米諸国にも




広がり



ケチャップなどにも加工されるようになりました



日本では



オランダによって18世紀頃に伝えられています



トマトの赤色は鮮やかであることから




毒がある食べ物だと思われていたことも




あり



トマトは観賞用



として



使われていました



ですが


明治時代から食べられるようになります




でもトマトの匂いは



嫌われており



あまり一般には


広まりませんでした




2.考察



ここからは



軽い考察をしていきたいと思います




トマトは



赤い色を



していることから



昔の人々は






連想したのではないかと思います




やはり



ここでも



色が



影響を及ぼすことが



分かります




トマトが


赤い汁を飛ばすというところが



まさしく



その代用として



見られます



日本では



血=穢れ



という考え方が




定着していたので



観賞用とされていたのでは



ないかと



考えます




今回は



この辺で




ありがとうございます




とある大学生でした。





参考文献

トマトの生まれたところとその歴史

http://www.ypec.ed.jp/webkyou/tiikitanbo/sangyou/tomato/rekisi.htm



他もどうぞ

ジェンガの歴史 〜日常歴史〜 再考

はい!!



今回は



ジェンガの歴史




について



話して





いきたいと



思います。




ではいってみましょう!!




目次

ジェンガの歴史

考察


1.ジェンガの歴史







ジェンガは、1974年にイギリスの起業家であるレスリースコットによって開発されたそうです。「ジェンガ」はスワヒリ語で「組み立てる」という意味があり元々の原型はレスリーの家族が住んでいた「セコンディタコラディ」と呼んでいました。





基本は54本のパーツで3本ずつ組み上げた18段のタワーとなっています。ゲームとしては、皆さんご存知の通り、タワーの中からピースを取り、それを積むことによりゲームを進め、そのタワーを崩した人が負けるというゲームスタイルである。




2.考察










ここからは、考察していきたいと思います。




このジェンガというアイデアは、レスリースコットがいなければ実現することは中々難しかったからです。
レスリースコットの創造的なアイデアジェンガを生んだと考えます。



さらにそのジェンガは、その人たちのイデアを生む力の増大をさせるのなのではないかと考えます。




そこは何故かというとジェンガは色んなものを表現できる所にあります。
これは、今流行しているゲームなどにも応用されていると考えます。




今回はこの辺で







ありがとうございます






とある大学生でした。





参考文献

ジェンガ-Wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ジェンガ



他にもどうぞ



カーテンの歴史 〜日常歴史〜 再考

はい!!




今回は




カーテンの歴史




について





話していきたいと





思います。






では





いってみましょう!!





目次

カーテンの歴史

考察


1.カーテンの歴史





世界で最も古いと言われているカーテンは、「古代エジプト」と言われています。動物の皮で造られていました。洞窟などに吊るしてあるだけなのでまだカーテンとは言いにくいですが先駆けと言われています。




14世紀から15世紀では、カーテンは天蓋やアルコーブと呼ばれる横穴式ベッドの間仕切りとして使われていました。15世紀にはルネッサンス様式になり初めて今のように窓に付けられるようにやりました。








17世紀のバロック様式では、ルネッサンス様式よりより豪華に発展していき、綺麗な色の糸を使い豪華なよい生地が使われていました。18世紀にはロココ様式になると曲線をふんだんに取り入れられるようになりカーテンの使われ方に幅広さを伴うようになりました。さらにアンピール様式では、直線が支流になりましたがフランス革命の影響により様式の統一も薄れていき様々な種類のものが取り入れられました。





2.考察






ここからは、考察をしていきたいと思います



このカーテンというのは、貴族などの王族を中心に発展していってることがわかります。やはり貴族などの階級が目につける理由としては、布などは、自分の豪華な権勢を見せつけることができるという観念があったのではないかと考えます。






この観念はやはりルネッサンスで出来上がった考え方なのではないかとあくまでも仮説ですが考えます。



カーテンというのは、さらに文化を表す道具だとも考えることができます。それはカーテンの種類が増えていったということや直線や曲線などの形を変えていると言う点で考えることができます。




この形というのは、貴族達の自らの形を作り出すことにより自分たちの家系の優位などを示すものだとも解釈は可能です。




今回は





この辺で





ありがとうございます





とある大学生でした




参考文献

カーテンの歴史| DIYショップRESTA

https://www.diy-shop.jp/second/curtain/history.html




他にもどうぞ


カーペットの歴史 〜日常歴史〜 大学生が歴史と歴史学を考える

はい!!!







今日は





カーペットの歴史






について







話ていきたいと






思います





では






いってみましょう!!








目次


カーペットの歴史

考察


1.カーペットの歴史






f:id:gakuseirekisikangaeru:20200621090225j:plain




カーペットの歴史は、ものすごく古くからあります。3000年前日本がまだ縄文時代のときにはペルシャ絨毯で知られるイランあたりでは
パイルのあるカーペット」が発祥したと言われています。この技術は、この時にヨーロッパと中国を結んだとされている「シルクロード」でインドや中国に伝わりました。







18世紀頃になると手作りで作っていた絨毯は、産業革命の機械化の影響で機械で織られたカーペット
この進展とともにウィル問屋のアキスミンスター
などが生み出されました。


2.考察






f:id:gakuseirekisikangaeru:20200621090233j:plain





ここからは、考察していきたいと思います。






まずこのカーペットというのは、部屋という空間を彩る新しい文化スタイルといって良いと思います。それは、今まで床を彩るものがなかったということです。



このカーペットが誕生して、床を彩るという考え方が確立していったのではないかと考えます。





私が考える他の視点からの考察は衛生面
からです。これらは足の病気から身を守ることができるようになったと思います。







今回は





このへんで






ありがとうございます






とある大学生でした





参考文献

日本カーペット工業連合/歴史・種類・製法

http://carpet.or.jp/smarts/index/48/





他にもどうぞ



ヨーグルトの歴史 〜日常歴史〜 再考

はい!



今回は



ヨーグルトの歴史





について





話していきたいと





思います。



では






いってみましょう!!




目次

ヨーグルトの歴史

考察






1.ヨーグルトの歴史


f:id:gakuseirekisikangaeru:20200712095737j:plain



ヨーグルトは発酵乳の一種だと言われています。
人類が牧畜を始めたとされている時代にまで遡ります。東地中海からバルカン半島中央アジアで人類最初の家畜とされている羊が飼われました。その後取った羊の乳が酸味をおびた飲み物になっていました。これが発酵乳の始まりでありここから、これらが保存方法として考えられるようになったとされています。








世界には山羊、羊、水牛、などを原料としたヨーグルトが沢山あります。世界最古の遊牧民とされているエリアン人は乳を発酵させることによってアルコール性の飲み物を飲んでいたとされています。ヨーグルトは古代トルコの酸っぱい発酵乳です。
有名になったのはロシアが「ヨーグルトによる長寿説
を唱えたことより始まりました。






2.考察

f:id:gakuseirekisikangaeru:20200712095802j:plain




ここからは、考察をしていきたいと思います。




このヨーグルトというのは、元々は保存方法の一種として使われていました。これは、紀元前の頃では天気によって作物が取れるか取れないかが決まっていたので作物が取れないとなると村全体が餓死してしまうなどの状態になったこともしばしばありました。それを防ぐ手段としては食べ物を長期間保存できる方法というのがベストでした。




そのためにも発酵という化学も誕生していない時代にはかなり不思議なことで保存する方法を見つけました。




これが発見されたからこそ、保存方法というのがさらに発展した契機になったのではないかと思います。




今回は





この辺で






ありがとうございます






とある大学生でした













参考文献

ヨーグルトの歴史|findNew 牛乳乳製品の知識


https://www.j-milk.jp/findnew/chapter3/0103.html






他もどうぞ

眼鏡の歴史 〜日常歴史〜 再考

はい!!!



今回は


眼鏡の歴史」について


話していきたいと思います。


目が悪くなってくると

お世話になる方もいると思います。


今ではコンタクトレンズというものも


開発されていますね。


今回は眼鏡について


話していきたいと思います。


ではいってみましょう!!!


目次

- 眼鏡の歴史

- 考察

1.眼鏡の歴史


眼鏡は


まず最初にレンズとして存在していました。

紀元前の古代から


ある種類の石がレンズとして使われていました。


それは水晶です。

紀元前700年頃にニネヴェ


の遺跡で発見されています。


その時代のレンズは

視力のために使われていたものではなく



太陽光を取り入れる集める


という用途に使われていました。

皇帝ネロが生きた

紀元1世紀頃は

レンズにエメラルドを用いていたことがわかっています。


これは

眩しい光から目を保護するために


使われていました。



眼鏡の能力を発見したのは

アラビアの数学者と言われています。

彼は物理学者でもあり


天文学者でも



ありました。


それはアルハーゼンです。


適度にカットされた


レンズを使うことにより


人間の視力を手助けすることを



発見しました。


視力を補うとされるレンズの最初は


リーディングストーン


と呼ばれるもので


本などを見る際に

ルーペようなものをおいていました。


13世紀頃は


眼鏡は悪魔の仕業


だといわれていました。


それはキリスト教の考え方が原因です。

それでも眼鏡は作られていまして


イタリアのベニスでは



ガラス製造技術が発達したことにより

眼鏡が発明されました。


日本では


大内義隆に献上されたはものとして眼鏡があります。


これが最初に日本に伝わったきっかけです。

エスズ会の宣教師


フランシスコ・ザビエル


によって


伝えられました。


現在のようなものではなく

手で持ってみるタイプのものでした。


17世紀には


手持ち式眼鏡

が現れていました。


この時期になると

眼鏡を紐で耳にかけるタイプの


ものが



存在し始めます。








2.考察


ここからは


考察をしていきたいと思います。


眼鏡のレンズは

今はガラスが使われていますが


前は



水晶を使っていたことに関して


水晶を加工する技術が存在していたことがわかります。


ネロがエメラルドを埋め込んでいたということに関してでも


この時代の使用用途は

日光などから


目を守ると言う目的です。


今のメガネとは違い


どちらかと



いうと



サングラス


のような



役割をもっていることがわかります。


そう考えると



あまり強い光が


目に入ってしまうと


人間の目は 機能を失っていくということが


考察されていたのではないでしょうか?


確かに


太陽光を直接見ると


下手したら失明してしまうと

でさえ




言われています。



なのでこれは


この時代から分かっていたことだったいうことです。



今回は

この辺で



ありがとうございます。



とある大学生でした!!



参考文献

メガネの歴史 |東京メガネ
https://www.tokyomegane.co.jp/museum/progress/


他にもどうぞ