.table-of-contents:before{ content: “目次”; font-size: 120%; font-weight: bold; }

大学生が歴史と歴史学を考える

とある大学生です。未熟者ものですが自分なりに歴史についての疑問や考え方を発信していきたいと考え始めました。アドバイスなどは歓迎します。「ここは違う」や「このような考え方はどうか?」などよろしくお願いします。コメント通して成長していきたいと思います。大学生の考え方なども分かると思うので興味のある方は是非ご参照ください

パセラの歴史 〜再考〜

はい!


みなさんはパセリを食べたことはありますか?


パセリは

かなり



体にいい食べ物です。



今回は


パセリの歴史



について


話していきたいと思います。



目次


パセリの歴史

パセリの成分

考察

1.パセリの歴史


パセリの原産地と言われているのは



ヨーロッパ中南部から北アフリカにかけての




地中海沿岸


といわれています。



古代エジプト古代ギリシャ




では


かなり前から食用として



使われており、


薬用や歯磨き用として

使われていました。



9世紀には



フランスへ



伝わって、


さらに16世紀頃には



イギリスやドイツ


などにも浸透されて




いきました。




さらにアメリカにも移民により


広まりました。



日本には


江戸時代に交易で

パセリな日本に




はいってきました。



貝原益軒



大和本草


には


「オランダ芹」と似ていると


記されています。



パセリの栽培が本格的になってきたのは



大正時代にかけてと言われています。



2.パセリの成分



パセリは



栄養素の含有量がトップクラス


です。


βカロテンやビタミンc、カリウム、カルシウム、鉄を豊富に含んでいます。



健康維持や美容には最適です。







3.考察




ここからは、



考察をしていきたいと思います。



パセリは


栄養素の宝庫



といっても良いです。




これは


体の免疫力を


強くするためには



かなり良いことなのだと思います。




さらに


パセリは


刺身の場所にも



添え付けられています。




これは、




日本と西洋の食文化のコラボ



が実現したということです。



さらに大正時代になると


パセリは


収穫され始めました。



これは


西洋文化を取り入れて



欧米諸国に追いつこうとする



日本の努力を具現化していくものなのだと思います。




今回は


この辺で


ありがとうございます。




とある大学生でした!



参考文献

パセリ -成分情報|わかさの秘密
http://www.wakasanohimitsu.jp/sp640/seibun/parsley/

パセリ
https://www.yasainavi.com/zukan/parsley.htm



他もどうぞ

弁当箱の歴史 〜再考〜

はい!!


今回は


弁当箱の歴史


について




話して



いきたいと




思います。



ピクニックなどに行く時には持っていきますよね。



では初めていきましょう!!



目次

弁当箱の歴史

考察


1.弁当箱の歴史




今では旅先で弁当箱を持って行き、外で食べて過ごすことが行われています。(今は難しい環境ですが、、、、、)山へ行った時や川へ釣りに行った時などは長丁場になることから弁当はいります。





実は古代には、弁当箱の先駆けとなる行動が行わていたと言われています。当時は携帯食料として「」です。これは、ご飯などを乾燥させたものだと言われています。夏と冬で乾燥を解除する方法が違い、夏は冷水で冬はお湯でふやかしていました。








ふやかさずに乾燥したまま食べても消化が良く、戦国時代に行軍する時などに欠かせないものでした。これは、どちらかというと「インスタント食品」といっても良いかもしれませんね。




弁当の定義というのは、外に持ち出して食べることができるということです、
弁当箱というものが出現するのは「安土桃山時代」と言われています。





この根拠となっているのは、日本とポルトガルの言葉辞典である「日萄辞典」に書かれていることから分かります。この当時に描かれた絵にも弁当箱は移されています。






2.考察






ここからは、考察をしていきたいと思います。





弁当箱の使い道というのは、変遷されてきたものであることが分かります。




戦国時代から江戸時代になるにつれて用途が変化しています。戦国時代には、戦闘の時に何も食べないと力が発揮できないと理由から「携帯食料」として使われていました。




ですが江戸時代になると携帯食料を持っていかなくても良くなりました。さらに武士が持っていたものから貴族が持っているものへと変化していきました。





使用用途が変わるというよりは、「使う人が変化してきた道具」として考えられるものであるということが考察できます。









今回は、この辺で






ありがとうございます。





とある大学生でした




参考文献





6-2 弁当箱の始まりは安土桃山時代|米殼安定供給確保支援機構:米ネット

https://www.komenet.jp/bunkatorekishi/bunkatorekishi06/bunkatorekishi06_2/





他にもどうぞ


メダカの歴史 〜再考〜

はい!


今回は、



メダカの歴史


について




話していきたいと




思います




では



いってみましょう!


目次

メダカの歴史

考察


1.メダカの歴史


f:id:gakuseirekisikangaeru:20200907131016j:plain


メダカと言う名前にも、実は由来があります、メダカは、目が顔の高い位置にあります。そこから「目高」と呼ばれ始めたのがきっかけです。このメダカには地方名がなんと「4680語以上」あります。そのメダカ食料になっていた時代もあります。それは、「戦時中」です。18世紀頃から、メダカが文献に記載されるようになってきたことから、この時代から、「メダカ観賞」水鉢の中に砂利をひき、セキショウを植えて、メダカを勧賞していました。19世紀ごろには、金魚ブームがはじまったことによって、メダカは人気が落ちてきました。金魚は、富豪や大名などが中心であったので金魚鉢などが存在し始めたことによって、一般的になっていきました。20世紀には「熱帯魚」がはいってきました。メダカは、大型魚の餌となる「ヒメダカ」が流通しています。21世紀になると、ダルマメダカやホタルメダカなどが登場し、また人気となっていきました。

2.考察

f:id:gakuseirekisikangaeru:20200907131023j:plain



ここからは、考察をしていきたいと思います。このメダカという生き物は、江戸の人からは、「心が洗われるもの」という考えがあったのかもしれません。さらに、この江戸と言う時代は、戦国時代とは、違い戦乱がほとんどない平和な世の中という認識があります。このような「平和」にしかこのように「メダカ」などの生き物を飼うことができません。ここから、「メダカ」というのは、「平和の象徴」とすることも可能なのではないかと考えました。




今回は



この辺で




ありがとうございます




とある大学生でした


参考文献

メダカの歴史-メダカ販売店 亀田養魚

https://www.medaka.shop/page/history.php

貝殻の歴史 〜再考〜

はい!!



今回は、




貝殻の歴史



について



話していきたいと思います




では



いってみましょう!



目次

貝殻の歴史

考察


1.貝殻の歴史


f:id:gakuseirekisikangaeru:20200912204248j:plain



貝の歴史は、46億年前と言われています。これは、今日の自然環境の基礎とされているものを作り出した、ストロマライトの出現の頃です。このストロマトライトが水底の砂泥の中で定着していき、何層にも何層にも積み重なることによってできた岩石となって、水中に大量の酸素を供給していきました。この頃になって、生物というのは、酸素を必要としない、嫌気性生物から、酸素を必要とする、好気性生物へと移行し、この過程の中で貝類が生まれていきました。貝の祖先は、5億5000万年前に出現しました。元々は、ミミズの形をしていました。


2.考察


f:id:gakuseirekisikangaeru:20200912204252j:plain



ここからは、考察をしていきたいと思います。
この貝殻は、私たちが今生きるための手段を授けてくれたものであると考えます。それは、この祖先です。酸素を作り出していたというのがキーポイントではないかと考えます。さらに、進化していったことによって、このような、貝が地球に生命をもたらして言ったと分析することができます。




今回は



この辺で



ありがとうございます




とある大学生でした





参考文献

貝はともだち

http://shellmuseum.jp/shell_db/tomodachi/tomodachi_top.php

レインコートの歴史 〜再考〜

はい!



今回は


レインコートの歴史


を書いていきたいと思います。



6月なので雨も降るようになってきました。




では



いってみましょう!




目次

レインコートの歴史

考察


1.レインコートの歴史


レインコートは、


1747年代に生まれています。

実はレインコートが生まれる前に
エジプトでは「日傘」が存在していました



エジプトの壁画には神々の後ろに日傘をさしている有名な絵もあります



その後「雨傘」つまり雨の時に用いられる傘が登場したのは1637年です。



まだこの頃の傘というのは「装飾品」としての傾向が強く雨から自分の体を濡れないように防備するものではありませんでした。


この時に「折り畳み傘」が登場しその後にレインコートは
生まれました。



世界最古のレインコートは木の樹脂を古いコートに塗って防水加工してあるものでした。


その後イギリスで防水加工された生地で作られたレインコートが発明されました






2.考察




ここからは考察をしていきたいと思います



レインコートは雨の日でもその中で手を使えるようにしたいという人間の考え方が強く関係していると考えました。







やはり傘はエジプト文明が存在していた時から存在していということが強いです。



雨の中での作業を止めることが多かった時代、やはり作業効率は晴れている日よりもかなり遅くなっていったということが分かります。



その中でレインコートが開発され
今まで塞がっていた手が使えるようになったということはかなりの発展であったことは間違いありません。


今回はこの辺で


ありがとうございます





とある大学生でした




参考文献

レインコートの歴史 |おしゃれにレインコート
http://3lifepls.seesaa.net/article/121289175.html



他もどうぞ


親子丼の歴史 〜再考〜

はい!


今回は


親子丼の歴史」について


話していきたいと思います。


では



いってみましょう!


目次

親子丼の歴史

考察


1.親子丼の歴史

f:id:gakuseirekisikangaeru:20210207092418j:plain

親子丼が生まれたとされているのは、「明治20年」の頃と言われています。日本橋人形町の鶏料理店「玉ひで」が発祥です。当時は、「軍鶏鍋」でお客様がしめとして親子煮と呼ばれていました。ここから、食べやすさという面をいれて、親子丼が完成したとされています。江戸時代では、卵は、高級なものでした。ですが明治になると誰でも食べられるものに変わっていきました。栄養素が豊富で、今でも食べられています。


2.考察

f:id:gakuseirekisikangaeru:20210207092426j:plain


ここからは、考察をしていきたいと思います。この親子丼は、元々名前が違っていました。ですが店の計らいによって、より食べやすくなったとされています。さらに、しめとして使われていたということに関して、この親子丼を作るまでには、日本人の最後まで使い切るといった日本人としての特性から作られたものではないかという1面もあり、親子丼もかなり奥が深い食べ物であることが分かります。



今回は

この辺で



ありがとうございます


とある大学生でした、

参考文献
進化した「親子丼」がふわとろ〜 親子丼の誕生歴史も紹介 アマノ食堂
https://amanoshokudo.jp/season/9283/

オレンジの歴史 〜再考〜

はい!


今回は



オレンジの歴史

について

話していきたいと

思います


では


いってみましょう!


目次

オレンジの歴史

考察


1.オレンジの歴史

f:id:gakuseirekisikangaeru:20210207092645j:plain


オレンジは、4200年前に中国に伝えられたとされており、かなり使われいたことが話として伝わっています。皇帝タユンにオレンジは、献上されています。ですが、この頃のオレンジは、かなり苦いという側面を持っていたとされています。さらに実も小さかったと言われています。ヨーロッパには、2世紀頃にイスラエルをへてローマ人の食卓に並んだとされています。他の地域にもオレンジが持ち込まれており、モロッコでは栽培も行われております。特にポルトガルのオレンジはかなり人気があり、特にアゾレス諸島に植えられてスペインの移民のふるさとの名前を使い、「バレンシア・オレンジ」と呼ばれています。



2.考察

f:id:gakuseirekisikangaeru:20210207092653j:plain


ここからは、考察をしていきたいと思います。オレンジは、かなり古い時代から食べられていたことに関して、これは、このオレンジは、ビタミンCが多く含まれているという面でも、そこがまだ解明されていない点からもかなり昔の人々は、このオレンジの良さを知って言ったとされているのではないかと考えています。オレンジが苦かったという面もこれは、まだ実る時期の1番良い時、いわぬるが分からなかったことからなのではないかとされています。



今回は


この辺で


ありがとうございます


とある大学生でした

参考文献

オレンジ
http://fujik5963.la.coocan.jp/labo/orange.html